免疫力を上げるために

私たちの体を目に見えない殺菌やウイルスの攻撃から常に守ってくれている免疫力

私たちの体が持っている自然治癒力

「疫(病気)を免れる」と書いて免疫。

簡単に言えば、外敵から自分の体を自身で守る仕組みのことです。

私たちの体は、驚くほどさまざまな工夫をこらして体内に異物を入れないようにし、万一侵入されてもただちに攻撃できる態勢を整えています。

また、免疫細胞の中には、一度遭遇した外敵を記憶し、二度目以降は病気を発症させないように働くものもあります。

免疫細胞はさまざまなところで連携して外敵と闘っていますが、ひとつでも働きが弱まったり、逆に過剰になったりすると、免疫力全体にダメージを与えてしまいます。

日々快適に過ごすためには、免疫がバランスよく機能していることが大切なのです。

 

免疫力低下の黄色信号

 

風邪をひきやすく、長引かせることが多い

粘膜のバリア機能が低下しているため、たびたび風邪のウイルスに侵入されてしまいます。

免疫細胞も元気がなく、ウイルス退治に時間がかかって回復が遅れます。

 

結膜炎やものもらいがよくできる

一部の免疫細胞が暴走して起こるアレルギー症状によって、目の粘膜に炎症が起きたのが結膜炎。

ものもらいは、まぶたの粘膜のバリア機能が低下し、最近が付着することで発症します。

 

おなかをこわしやすい

食べ物に付着して、体内への侵入を狙っている病原菌。

免疫力が低下していると、口や食道、胃などの粘膜で十分に殺菌されることなく腸まで到達し、腸内に炎症を起こさせるのです。

 

のどが腫れやすい

のどは口や鼻から入り込もうとする外敵をブロックするための重要拠点。

リンパ節があって常に免疫細胞が備えていますが、免疫力が低下すると突破されやすく、炎症を起こします。

 

ニキビや吹き出物、肌荒れに悩まされる

皮膚の免疫力が低下すると、空気中を浮遊しているさまざまな病原体によって肌が刺激され、炎症が起こって肌荒れなどのトラブルが頻発します。

 

いつも疲れていて、なんとなくだるい

免疫力が低下していると、免疫細胞の応援に栄養素がまわされてしまい、本来なら疲労回復に使われるべき栄養素が足りなくなるため、だるさが続きます。

 

Comments are closed.