免疫力を上げるために

私たちの体を目に見えない殺菌やウイルスの攻撃から常に守ってくれている免疫力

免疫力の敵 その1

タバコ

タバコの煙は、血管収縮作用のあるニコチンや、発がん物質といわれるタールなど、有害な物質を多数含み、免疫力にとっては大敵!

習慣的に喫煙し、呼吸器に有害物質を送り続けていると、免疫細胞のマクロファージが過剰に反応するようになり、気管支炎などの炎症が起きたり、たんがからんで出にくくなるなどの症状が。

また、好中球も活性酸素を大量に発生させて有害物質を排除しようとするので、肺の細胞を傷つけ、がんをまねくといわれています。

 

アルコール

適量の飲酒は体温を上昇させ、心身をリラックスさせる作用があるので、免疫力にとってはプラスに働く面も。

ただし、アルコールを消化する過程で体内に大量の活性酸素が発生し、免疫細胞を攻撃したり、がんの原因になることもあります。

また、強いアルコールがのどや食道の粘膜を傷め、せっかくのバリア機能も低下してしまうので、くれぐれも飲み過ぎないように注意が必要です。

 

加齢

どんな人でも、20~30代で免疫力のピークを迎え、残念ながら40歳を過ぎたあたりから少しずつダウンしていきます。

これは、年齢とともに体全体の機能が衰えていき、元気な免疫細胞が作り出せなくなったり、数が減ったりする為です。

一般的に、中高年になると生活習慣病を発症しやすくなるのも、免疫力の低下と無関係ではありません。

ただ、食事や生活習慣を見直すなど、免疫力が落ちていくスピードを緩やかにする方法は色々あるので、ご安心を。

 

暴飲暴食

暴飲暴食は、消化吸収を担当する胃腸に大きな負担をかけます。

特に腸は、全身の免疫細胞の30%が集結している、免疫システムの重要拠点。

腸が疲労することで、腸にいる免疫細胞たちもパワーダウンし、全身の免疫システムに悪影響を及ぼします。

また過食は、免疫力をダウンさせる肥満や生活習慣病の引き金にも。

 

肥満・生活習慣病

血管は体中に張り巡らされた運搬経路。

皮膚や粘膜の細胞は、血液が運んできた栄養素によって新陳代謝を繰り返しています。

高脂血症、高血圧などの生活習慣病によって血管が老化したり、血液がドロドロになると、血流が滞って細胞の新生がうまくいきません。

また、血液に乗って全身を回っている免疫細胞も移動しにくくなって、免疫力が全体的に低下します。

肥満は、これらの生活習慣病の大きな原因のひとつ。

免疫力にとっても大敵です。

 

農薬・食品添加物

野菜の残留農薬や、養殖魚の残留薬物、防カビ剤や酸化防止剤、漂白剤など、私たちが毎日口にするものには何らかの添加物が含まれていることが多いもの。

気付かず食べ続けるうちに、体内で活性酸素を大量に発生させたり、アレルギーの原因になったりと、免疫力にダメージを与えます。

こうした有害物質を完全に排除するのは困難ですが、加工食品に頼らず自分で素材から調理したり、低農薬の野菜を選ぶなどの工夫でリスクを減らすことができます。

 

Comments are closed.